ヘッダー画像

対人賠償保険とは

気をつけてはいても、ちょっとした間の悪さで大きな事故に繋がることもある、自動車の運転。

万が一に備えて、保険にしっかり入っておくことは運転するものとしての義務ともいえるでしょう。


対人賠償保険とは、不慮の交通事故で、相手側にケガをさせてしまったり、不幸にも死亡に至らせてしまった場合、自賠責保険の補償額を超えた分が支払われる保険のことを指します。

加入が義務付けられている自賠責保険では補償額が少ないのですが、相手が交通事故で死亡してしまったとき、賠償金は一億円を超えることがほとんどです。

とても自賠責保険ではまかないきれないので、対人賠償保険でその分を補うということになります。

あらゆる保険の中で最も重要といっても過言ではない保険が、この対人賠償保険です。


しかしながら、今現在、車を運転している人、公道を走っている自動車の、約十五パーセントは、この対人賠償保険に加入していないと言われています。

自分は事故を起こさないから大丈夫、そんな保険をかけても杞憂に終わる、と過信している人が多いようなのですが、困るのは、支払い能力のない自分だけでなく、被害者や被害者側の家族でもあります。

運転する人の義務として、自賠責保険だけでなく対人賠償保険にもしっかり入っておきたいものです。